「体育・スポーツ政策研究」投稿規定

※投稿規定9にある「投稿の手引」は現在整備中です。投稿の際は、本規定並びに学会誌バックナンバーをご参照ください。また投稿締切については改めてHPにて告知させていただきます。

1.本誌への投稿は原則として日本体育・スポーツ政策学会会員に限る。ただし、編集委員会が必要と認めた場合はこの限りではない。

2.投稿内容は、体育・スポーツ政策に関する総説、原著論文、研究資料(実践研究、事例報告も含める)、書評、内外の研究情報、研究上の問題提起などとし、完結したものであって未公刊のものに限る。

3.原稿の採否及び掲載の時期は、編集委員会において決定する。

4.本誌に掲載された原稿は原則として返却しない。

5.原稿の長さは原則として次のようにする。
(1)総説、原著論文、研究資料は1篇につき、図表、抄録を含めて刷り上り10ページ以内(400字詰横書き原稿用紙40枚相当)とする。
(2)書評、研究情報、問題提起は刷り上り1ページ以内とする。

6.原稿一般規定
(1)原稿は、ワードプロセッサーで作成するものとし、A4版縦長白紙に40字20行で作成する。
(2)本文は、ひらがな現代かなづかい、常用漢字を使用する。
(3)図表にはそれぞれに通し番号とタイトルをつけ、本文とは別に番号順に一括する。図表の挿入箇所は本文原稿の欄外にそれぞれの番号を明記する。
(4)本文の項目わけの順序は次のようにする。 Ⅰ、Ⅱ、-1、2-1)、2)-①、②
(5)引用文献は、原則として、本文の最後に著者名のABC順に一括し、次のようにする。 単行本;著者名、書名(版数)、発行所、発行年(西暦)、ページ 雑 誌;著者名、題目、雑誌名、巻号、発行年(西暦)、ページ

7.総説、原著論文、研究資料の原稿には欧文(原則として英語)による題目、著者名(ローマ字)、所属機関名を明記した別紙を必ず添付する。 ただし、原著論文には欧文による抄録(500語以内)及び同欧文抄録の和訳文を添付する。

8.原稿はWordファイル形式とし、メール添付にて提出する。

9.細部の「投稿の手引き」は別に定める。

10.投稿された原著論文は、編集委員会において複数の査読委員を選び査読を依頼する。その査読の判定結果をもとに、編集委員会は、掲載の可否を決定する。査読の結果不採用論文は、速やかに返却する。

11.本誌に掲載された論文の著作権(「複製権」、「公衆通信権」、「翻訳権,翻案権」および「二次的著作物の利用権」を含む)は、日本体育・スポーツ政策学会に帰属するものとする。ただし、論文の内容に関する責任は当該論文の著者が負う。

12.投稿論文は下記に添付送付する。stanaka@kobe-shinwa.ac.jp※「体育・スポーツ政策研究」編集委員会事務局 神戸親和女子大学 田中聡研究室

<附則>
この規定は、平成3年4月27日より適用する。
平成14年7月13日改正施行
平成23年4月1日改正施行
平成28年9月11日改正施行