ご挨拶

日本体育・スポーツ政策学会 会長 横山勝彦(同志社大学)

 日本体育・スポーツ政策学会は、1980年前後からのスポーツ行政研究グループとしての活動を母体に、1991年に設立されました。学会は、体育・スポーツ政策に関する科学的研究と実践への寄与のみならず、会員相互の協働と体育・スポーツ関連諸機関との協調を促進することを目的としております。
 昨今のスポーツをめぐっては、2011年「スポーツ基本法」制定、2012年「スポーツ基本計画」策定、2015年「スポーツ庁」発足、2017年「第2期スポーツ基本計画」策定など、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会に向け、積極的な政策が展開されています。
 そこには、今後の体育・スポーツ及び国の発展に関わる多くの政策的課題が見られ、その解決の方向性と具体的手段を研究する本学会の果たす意義は大きいと思われます。
 これまでと同様に、本学会を会員の皆さまのお力で支えていただきますよう、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。